あなたの書いた一行は

「さよなら」でも

「別れたくない」でもなく

「幸せになってね」

強くなったね

会わなくても

今のあなたは眩しいくらいに輝いて見える

ありがとう

出会ってくれて

あなたと共に過ごした日々は

私にとって最高の宝物

あなたの言葉は

私にとって最高の結末


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村



始まりは流されるままに

周りの景色に目をやる隙もないくらいに

駆け足で過ぎていった

流れに気づいてふと目を開けると

そこには何も変わらない私がいた

流れに身を任せていたはずなのに

出会った頃と同じ…

同じ場所を彷徨い続けていた

あなたと私の物語

結末は

あなたの言葉で

あなたが書いた一行で…


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

恋心




いちにち

またいちにちと時は過ぎてゆく

やがて枯れ葉が舞い

粉雪が舞い

夜空に描く星座たちも

形を変えていくでしょう

行き場をなくした恋心

いくつの季節を数えたら

再び歩き始めるのでしょうか


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村



おはよう

朝一番のモーニングコール

あなたのいちにちが

私の声から始まる

私の今日が

あなたの おはよう から始まる

今日も笑顔でありますように

今日も幸せでありますように

大切ないちにちが

今始まる


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

別れ




たとえそれが

私自身が望んでいたことだとしても

人との別れはやっぱり寂しいもので

楽しかった時間だけが

頭の中を駆け巡る


その先に別れがあるかもしれないのに

人はなぜ

「それ以上」を求めてしまうのだろう

出会った頃のままなら

今でも友達でいられたのに

友達のままなら

ずっと笑いあっていられたのに


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

ごめんね…




優しくできなくなってごめん

笑ってあげられなくなってごめん

追いつけなくてごめん

悪いのは私

越えられなかった

今も彷徨い続けたまま

出会った頃のまま

あなたが決められるまで待つよ

それがあなたとの約束だから

たったひとつの約束だから




にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村



願いに導くパワーストーン

つなぐ糸を新しくしたよ

光を見失わないように

想いをなくさないように

明日へ続く

「いつか」へ続く…


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

if…




いつかあなたを失ったら

きっとわたしは泣くんだと思う

こんなにも愛してくれる人は

きっと他にはいないんだと思う

甘えすぎてるよね



あなたの優しさに

笑顔の裏側で

あなたはきっと泣いているんだと思う

応えてあげたい

応えられない…


あなたを失った時

わたしは…


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村





言えなくて…




全てを受け止めてくれる

強くなったね

あなたの大きな愛に包まれて

わたしがどんなに幸せかわかる?

それでも

あなたのたったひとつの願いさえ

叶えてあげることができない

たったひとつの言葉

言えない

言えるわけがない

私にはそんな資格はないから

「好き」だなんて

言っちゃいけない

また傷つけてしまうから


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

Life




若いふたりなら

ゼロから築いていけばいい

でももう若くはないから…

ひとりでも生きていける

そんなふたりで歩んでいきたい

それが私の求めるPartner

私の望むLife


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

条件反射




君の「好き」に追いつけたらいいね

けど

どうしても埋められないこの距離…


追いかけられると

逃げたくなる

追い詰められると

消えたくなる

君と同じ歩幅で歩いていけたらいいのに


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村




「アリとキリギリス」には

3つの結末があるそうな

もしも私がアリなら

きっと

キリギリスを助けるんだろうな

できることなら私

「あなた」とは

アリとアリでありたい

あなたは「アリ」ですか?

「キリギリス」ですか?


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

memorial melody




オルゴールが奏でる

懐かしいmelody

あの頃がよみがえる

揺れる…

揺れる…

静かにただよう

あの頃の私

優しい笑顔だった…


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

 | ホーム |