安らぎ




安らぎ…

あなたも

私も

至福の時

にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

マーメイド




大好きだった

海のキラキラ

見上げてみたら

やっぱりキラキラしていた

手を伸ばしてみても

今はもう届かない


海の底に沈んだマーメイド


もう一度

あの光の中へ…



にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

ひとり涙




どんなにはしゃいでも

どんなに楽しいお酒でも

帰り道には

ひとり涙

消し去ったはずの欠片たちが

ひとつ

またひとつと

つながり始める

わたしは ひとり…涙


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

PRIDE




泣いて

泣いて

涙が枯れるまで泣いて

それでもまだ忘れられなくて…

でも

こんなに愛せる人に出逢えたこと

幸せに思う

そばにいられなくても

あなたは私の深いところに

今もなお居続ける

仕方のないこと…

これでいいんだ


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

続きを読む »

マイペース




人の歩幅に合わせるのが苦手

学生のように

いつも一緒が苦手

そんな私がいつも寄り添っていたいと思うのは

そばにいないと不安だから

離れていると

空想の世界にいるあなたのことで

胸が張り裂けそうになる

… らしくないね …



にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村



全ての雑踏からシャットダウン

携帯も電源を切って

メイとふたりきりの

まったりとした時間…

久しぶりにくつろいだソファー

寄り添うメイ

時々私を確認するように

よじ登って頬ずりをせがむ

穏やかな時の流れ…

静かに夜は更けてゆく



にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

伝わらない…




今はもう

私の言葉は届かない

あなたは次のステージへと

駒を進め始めた

あなたにとってのわたしは

過ぎ去ったことでしかなく

どんな言葉も

風の音でしかない

わたしはひとり

立ち止まったまま…

にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

私は今…




かすかな光を追っては

現実に引き戻される


あの頃の優しさは

今はもう…


思い出たちと

現実を打ち消そうとする心とが

私を彷徨い続けさせる


雑踏の中でただひとり…


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

置いておくよ




久しぶりのメール

業務連絡みたい

でも…

ママの作った漬物置いておくよ

ちゃんと食べてね


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

花火




一緒に行くはずだった花火大会

去年の分もたくさん観ようと…

果たせない約束なら

私はひとりで過ごすよ

カーテン閉めて

音楽でも聴きながら…


光も音もかき消すために


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

行き先




忘れられない

諦めたくない

今はまだ

何処にも行けない…

いいでしょ?

迷惑はかけないから

私の心が赴くままに…


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

開かない扉




会えなくても

声が聞けなくても

あなたの面影は

私の心の扉を叩き続ける

どうして…

どうしたら…



にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

白と黒




懐かしい顔が集まる宴

駐車場であなたの車を探す

こそにはなかったあなたの姿に

胸を撫で下ろす私がいた

あなたに会いたいという私と

会ったらどうしようという私

そこにあなたはいなくても

あなたの影はそこにいた

宴は笑い声であふれていたけど

ひとりぼっちの帰り道は

夜の風が吹き抜けて…


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村



むりだよ

今はまだ

あなた以外の人なんて

気まぐれの

ちいさなキラキラをかき集めては

それを愛おしくながめることが

幸せだった

ただそばにいられるだけで…

お願い

この欠片たちに

もう一度輝きを…



にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

続きを読む »

一周忌




あれから一年

忘れてないよ

今も変わらず愛してる

あなたが旅立つ瞬間

あなたとみつめあっていたかった

もうすぐ新しいお家に行くよ

一緒にいこうね

今度はお庭で

思いっきり走り回れるよ


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村



週末が終わっていく

何事もなかったように

しずかに

ひとり…

あなたは

なにを考え

なにを想い

過ごしたんだろう

それでもまた

もうすぐ朝がやってくる




にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

ちゃら




「人生終わってみればチャラになってるよ」

悲しいことがあった分

きっと幸せが待ってる

そう教えてくれた…

ちいさな偶然の再会

なぜか全部話せた

全部聞いてくれた

ありがとう

少しだけ

「そうかな」 って思えたよ


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

彷徨う




眈々と過ぎて行く毎日

いつも気にかけていた週末の天気予報も

今はどうでもいい

なんとなく朝が来て

仕事を終え

つまみ程度の食事をし

酔いつぶれて

いつの間にかソファーで眠る

せめて

夢の中だけでも

あなたに会えたら…

握りしめた電話も眠ったままで


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

言の葉




はらはらとこぼれ落ちる

それはまるで

秋の枯葉のよう

幸せな時

悲しい時

言葉はとどまる事を忘れ

次から次へと溢れ出す

いくら綴っても

綴りきれないこの想いとともに

もうあなたには届くはずのない

この愛とともに…


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

あなたへ




本当は優しいあなたが

やっと

まっすぐな道を歩こうと決めた

あの日の抱擁と握手は

きっとあなたからの

「ありがとう」

やっと出逢えた「ありがとう」は

私にとっての始まりではなかった

ごめんなさい

まだ私

あなたの「ありがとう」を

受け取れない…


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

続きを読む »

夏の日差し




照りつける太陽

ぐんぐん大きくなる入道雲

あの日

ふたりで見たね

輝く季節の始まりのはずなのに

今の私には

見上げる勇気がありません

キラキラの海

一面のひまわり

また叶わぬ思い出が

増えてしまいました


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

気づき




たとえどんなかたちでも

あなたを失いたくない

苦しい恋でも

終わりになんかしたくない


笑えない

涙を止められない…


いつの間にか

こんなにも

あなたを好きでいたなんて


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村



みんな

それぞれの道を歩んでゆく

私のいない世界…

私には

笑顔の思い出と

手を降る後ろ姿しか見えない

抱きしめてくれた

そのぬくもりさえ思い出せなくて

時計の針だけが

今を刻む

お願い

ひとりにしないで

溢れ出す涙をぬぐって


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村




あんなに流れなかった涙が

止まらない

目の前の夜景が

どんどん霞んでゆく

キラキラした

新しい思い出の1ページのはずが

どんどん闇に包まれてゆく


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村



織姫と彦星が落ち合う頃

満点の星空と

都会の夜景を集めて

ふたりで乾杯しましょう

だって今日はサマーバレンタイン

織姫と彦星に負けないくらい

ふたりで築いた思い出を

ひとつひとつ

語り合いましょう

今夜はふたりきりの

2度目のサマーバレンタイン

新しい思い出の日


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村



優しい言葉

優しい話し方

それだけで

安らかな気持ちになれる

あなたの優しさの向かう先が

私だけだったらいいのに…

ずっと ずっと

そうだったらいいのに…


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

狭間




久しぶりのあなたとの時間

うまく笑えない私がいた

あなたに会えた喜びと

飛び込みきれない自分自身へのもどかしさ

あなたに気づかれないように

少しだけ泣いた

お願い

もっときつく抱きしめて

怯える心を抱きしめて


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

永遠に…




寄せては返す波


いつまで続く?


いつまでも

いつまでも…


ならばせめて

おだやかに


永遠に…


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

愛おしい声




祈る気持ちで

あなたにコールする



やっと聞けた

あなたの声

やっぱり優しくて…



「逢いたい」 が止まらない


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

 | ホーム |