上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
道

いつもの帰り道
偶然 前を走るあなたの車

   もしもし

  あっ おかえりなさい って言えばよかった
  せっかくリアルタイムで言えるチャンスだったのに

こんなところで
こんなふうに
あなたについて車を走らせるなんて

つながってるね
私たちの それぞれの日常


スポンサーサイト
青空

   『いってらっしゃい』

あなたを送り出すの 1週間ぶりだね
並んで朝ごはんを食べたのも
笑顔で手を振ってくれるのも

なんでもない日常だと思っていたことが
こんなにも晴れ晴れしい気持ちにさせてくれるなんて

バス停まで走っていくあなたのうしろ姿に もう一度

   『いってらっしゃい』

笑顔を連れて 帰ってきてね

紫陽花

紫陽花

自分の部屋から出られたね
並んでご飯食べられたね
少し 笑ったね

それでいいんだよ
すこしずつ すこしずつ・・・

ママは幸せだね
だって
ひとつずつできるようになっていくあなたを
もう一度傍らで見守ることができるんだから

もうすぐ雨の季節も終わり
キラキラした毎日が きっと戻ってくるよ

歩いていこう

朝日

閉じこもってしまったあなたは
ママのお腹に帰りたいんだよね

でもね
ママはお腹になんて帰って欲しくない

だって
あなたの笑顔が見たいから

ママにそっくりって言われるけど
17歳のあなたの笑顔は
17歳だった頃のママよりも
ずっと ずっと キラキラしていてかわいい

今すぐじゃなくていい
急がなくていいから
一緒に歩いていこう

いってきます

ろうそく

生きていくための仕事

生きていくための食事

生きていくための日常

止めるわけにはいかない

だからあなたを信じて 今日も

   『いってきます』


変わらなきゃ

yoake.jpg

私に足りないもの
自分を認めること
自分の歩んできた道に自信を持つこと

病気に打ち勝って 
今 生きていること

母であり 父の代役でもあること


・・・ つもりだった

でも 
娘のわがままに NO と言えない私がいて・・・
負い目ばかりを負っていたのかもしれない
自信がなかったのかもしれない

変わるのは怖い

でも 変わらなきゃ
娘と並んで歩けるようになるために

娘へ

雷

死ぬって なに?
死ねって?

せっかく出会ったのに
母として 娘として・・・

あなたを産むのはね
大変だったのよ
ひとりで育てるのも大変だった

でも 幸せだった
あなたがひとつひとつ大きくなるのが
あなたが無邪気に笑うのが

帰る場所は ここだよ
狂った歯車は また元に戻せばいい

帰っておいで
ご飯作って あなたを待ってるから


ぽちゃん

     上手にしまえた感情が暴れだす・・・
             JUJU ♪つよがり より


  もしもし

  ごめん、寝てた? あのね・・・

本当は寂しかっただけ
声が聴きたかっただけ

こんな夜中に起こしてごめん
でも、好きだから・・・

おやすみ
あとは 夢の中で。。。

もう一度

白い花

もう一度 ここから始めてみようかな?
下を向いていても 始まらない

朝になったら 窓を開けて
昨日よりも 少しだけ大げさに深呼吸
一度だけ ゆっくりと目を閉じて・・・

明日はきっといいお天気
朝日に負けないくらいの笑顔で

さあ、もう一度ここから

休もう

ベンチ
   
   風が吹き抜けていく

   髪がなびく

   目を閉じても 開いても

   聞こえるのは 風の音だけ

   どうやって笑っていたっけ?

   今できるのは

   条件反射の営業スマイル


   すこし休もう

   鳥のさえずりが聞こえるまで。。。

夜

私の涙腺 壊れてしまったみたい
何をしてても涙が止まらない

あっちは危ないよ” と教えてくれたあなたが
あっちへ行ってしまった
あっちへ行って あっちの人になってしまった
あっちの人になって 攻撃してくる
あっちの嘘にも気づかずに

さよならなんて言わないよ
あなたはさよならを言える人だから
私にとってのさよならの重みを知らない人だから

だけど・・・

だから

   『削除しますか?』

   『YES』

居場所

あじさい

居場所を探して さまよう
彷徨う・・・

   こっちだよ
   ここへおいで

きっともうすぐ陽が射してくるから
そしたら みんなに会えるから
そしたらきっと
あなたに 笑顔が戻ってくるから。。。

yami.jpg

   嘘ってね
   やっぱり人を傷つけるんだよ
   弱ってるときはね
   心にしみるんだよ

   辛くないかな? 
   嘘つくのって

   傷つかないのかな?
   自分自身も

かけら

願い

  眠れない夜
  いつの間にか胸の前で組み合わせる指

     どうか お願い!

  苦しいときだけの神頼み

  それでも
  つよく 強く
  まっすぐに願えば
  かけらくらい 届くよね


思い出の場所

12.06.17 竹島

   耳元でささやく潮風の音

   波が静かによせては返す

   ふたりだけの思い出の場所

   ここでふたりの思い出を語れるなんて。。。

   またここに一緒に来られてよかった

てるてる坊主

てるてる坊主

   降り続く雨

   悲しみを洗い流して

   すべて

   洗い流して

   明日まで持ち越さないように

   明日は笑顔でありますように
   
   心からの笑顔になりますように

   
   あした天気になぁ~れ

アルバム

天使の翼

   笑顔にあふれているベージたち
   
   どれも キラキラ輝いてる

   あの頃交わした なにげない会話が甦る

   時間が止まる

   逆戻りする。。。


   今日いう日をアルバムに収めたら

   やっぱり笑顔があふれてるかな?

   キラキラと 輝いているのかな?


陽だまり

陽だまり

   目を閉じて

   何度も 何度も繰り返す
 
   あなたの言葉

   何でもない言葉だけれど

   それでも 何度も繰り返す


   心が満たされていく。。。

快晴

快晴

   梅雨の合間の つかの間の快晴
   雲ひとつない
   真っ青な空

   でも
   今の私には まぶしすぎて・・・

雲に乗って

雲

   ねむりたい

   ゆっくりと

   あの雲に乗ってねむったら

   どこに ながれ着くかな?

   目が覚めたとき

   こころは満たされているのかな?

   笑顔の自分に会えるかな?



静かな海

  
   静かだね
   同じリズムで 波が行ったり来たり

   どこまで続くの?
   どこまでも続くんだよね

   いつまで続くの?
   きっと いつまでもだよね

   静かな時の流れ
   心がまっさらになっていく




生きたい

hitosujinohikari.jpg

   追いかけてくる

   忘れたころに またひょっこりと

   今日も さよなら してきました

   でも いつかまた やってくるんだよね

   いい奴でも 悪い奴でも

   どちらでも 私にとっては同じこと

   
   生きたい

   怯えることのない世界で

だんらん

団欒

久しぶりだね 一緒にキッチンに立ったのも

ママにとっては 自慢の仲良し親子

それでも

少しずつ 巣立つ準備をしているんだね

その いつか が来たときに

ママもちゃんと笑顔で送ってあげられるように

少しずつ 準備しておかなくちゃね

まっすぐに



   まっすぐに生きたい
   自分に正直に
   素直に生きたい

   それは
   誰もが望む生き方で

   でもそれは
   不器用な生き方で・・・
  
   器用に生きれば幸せになれますか?

   まっすぐに生きたい
   それでも私は
   自分の心に正直でありたい




再会

   目の前に現れた懐かしい顔
   偶然の再会

   タイムマシンに乗って あの頃へ

   お互い制服を着て
   懐かしい名前たち
   眩しいくらいに輝く笑顔
   わらいごえ・・・

   キラキラ輝くあの頃へ
   ほんの束の間のタイムスリップ

   今の私は
   どんな風に映ったのかな?


はじめての朝

朝の光 2

   はじめての朝

   ときめかなかった

   目覚めた時 あなたが隣にいることが
   ごくごく自然だった

   寝息をたてているあなたに おはよう を言うもの
   あなたを起こさないようにベッドを抜け出すことも
   すごく自然だった

   どうしてなんだろうね?

   でもね

   ほんとうは
   ドキドキして なかなか寝付けなかったんだ

なみだ

なみだ

   いくら悲しくても流れないのに
   人の温かさに触れるとあふれだす
   止めようとしても止まらない

   心の傷にしみる言葉
   何度も何度も繰り返して

   流れるなみだのわけ
   あなたに届いていますか?
   本当はあなたの前で泣きたいのに・・・

ずっと・・・

ずっと

   あの頃は あんなにいとおしい笑顔だったのに
   あんなに追いかけた背中だったのに
   今は見つからないようにと祈ってしまう

   時の流れとともに
   人の想いは変わってしまう
   願いも
   笑顔の行き先も

   あの頃は ずっと って思っていたのに。。。
   
冬の海

   さようなら

   私が一番嫌いな言葉
   できれば 一生使いたくないコトバ

   ちょうど1年前 
   たった一度だけ この言葉を口にした
   一番長く隣りにいた 大好きだった人が望んだ言葉だから
   
   私からの 最後のプレゼント

   だから

   もう追いかけないで。。。

朝の光

   今 どうしても伝えたくて

   あなたに伝えたくて

   朝一番に あなたにメールした
 
     ありがとう

   今朝は おはよう じゃなくて

       ありがとう

   今日も素敵な一日でありますように

 | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。